まつげエクステ専門店ハニーラッシュ

Facebook

Instagram

友だち追加数

BLOG

  • HOME > 
  • ハニーラッシュブログ

2014-12-28 18:06:19

睫毛貧毛症治療 国内初•唯一の承認品について

テーマ: まつげ育毛剤

こんにちは

六本木、渋谷、吉祥寺、池袋そして大阪に出店予定の

まつエクサロンHoneyLASH【ハニーラッシュ】でございます。


 

 

今年3月?に国内で承認された、

国内初、そして唯一の睫毛貧毛症治療薬 のグラッシュビスタ について、アイラッシュサロン的視点で書かせていただきます。

 

睫毛貧毛治療 つまり 医師が処方するまつげの育毛剤の凄そうなやつですね。

国内初、唯一!! なんか凄そう!

キャッチーですね。イノベーティブな人にはたまらないうたい文句です。

トラッグストアで売られている美容液なのだが、育毛剤なのだかわからないようなモノとは次元が違そうに感じます!

ダラダラしてしまいそうなので、

結論から先に!

主要成分は今まであったラティース、ルミガンのビマトプロスト(Prostaglandin)でした!


 

 

ビマトプロストとは緑内障治療薬として処方されるラティース、ルミガンの主成分です。

ラティース、ルミガンは拝金な医者が処方をちょいちょいとちょろまかし

緑内障用の薬なのに、まつげの育毛剤として隠れて売っていたものですね。

クリニックで販売ということで妙な安心感がありかなりの数が売れていると思います。

今回グラッシュビスタは、まつげ育毛の市場を狙って、既存の薬が貧毛対策として承認が下りたってだけのことのようでうす。

いままではこそっと緑内障用の薬をまつげ育毛剤として売っていたものを、承認がおりたた、、、、

そして、値段も跳ね上がると、、、

美容にはお金を厭わない方はお多いですからね、、。

そんな高い処方薬がありますかいなと思いますが、、。

 

●グラッシュビスタ=ラティース=ルミガン


 

 

さて、それは置いておきましてここからはまつエクサロン的貧毛治療薬の評価です。

 

結論 オススメいたしません!

 

まず、

なぜ医薬品なのかと言うことですね。

多くの方は

医薬品=国に認められてる=安心

と思われんではないでしょうか、、、。

実際は違いますね。

医薬品=必ず副作用がある

ですね。

では、このビマトプロスト、ルミガン、ラティース、グラッシュビスタの

気になる副作用

 

⚫︎メラニンの増加による黒目(虹彩)の色が濃くなる

⚫︎まぶたが黒ずんだりする

⚫︎まつげだけでなく目の周りも多毛になる

⚫︎眼瞼溝深化=まぶたがくぼむ

⚫︎かゆみ、かぶれが起こることがある

 

って、これ!

美的観点からしたら、最悪の副作用じゃないですか?

まぶたが黒ずみ、目の周りが多毛になり、まぶたがくぼむととどうなるか?

特にすっぴんの時ですが、

透明感のない、小汚いお顔の印象になります!

最悪な副作用です!

ここまで書いてみてちょっとネットで検索してみました!

 

五本木クリニック院長先生もブログで警告していました。

http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=12860

 

しかも!!

この薬は、

使用を中止すると、この薬の使用前の状態に戻ります!!

だ、そうです。

 

 

あ!

アイラッシュサロン的観点の

1番大事な事を書き忘れてました!

確かにまつげは、太くも長くもなると思います!

が、

カールの弱い直毛でだらっと下がるようなじまつ毛になります!!

しかも、ぐんぐん伸びていくのでまつエクのデザインがばらつきます!

美しくないです!

まつエクをされている方には特にオススメできません!

 

毛根に栄養が行き渡り、元気なまつげが生えてきているわけではないのです。

 

ここは、やはり初心に帰ってまつげ育毛剤まつ育サプリに期待しましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top